航空宇宙・防衛

small satellite

 サクセスストーリー
 プレスリリース
 ウェブサイト
  Agusta Westland

アグスタウェストランド社の「プロジェクト・ゼロ」は、全電動無人ティルトローター機で、ヘリコプターのようにホバリングし、前進飛行時には固定翼機に切り替わります。先進回転翼機の未来像です。同社はWind River® VxWorks® 653プラットフォームとウインドリバープロフェッショナルサービスを利用して、プロジェクト・ゼロの設計、開発、製造、テスト飛行までを6か月で完了しました。

同社では、軍用ヘリコプターの更新計画に備えた、セーフティクリティカルなタッチスクリーン式アビオニクスディスプレイシステムという課題に対処するために、ARINC 653とARINC 661に準拠した標準ベースの手法、VxWorks 653 RTOS、DO-178B/C認証に対応したPresagis社のヒューマンマシンインタフェース(HMI)用ツールスイートVAPS XT-178を採用しました。これにより、ハードウェア陳腐化の問題を解消し、運用コストとライフサイクルコストの削減を図りました。


 サクセスストーリー
 ウェブサイト(英文)
  NASA

米航空宇宙局(NASA)の独立検証・妥当性確認(IV&V)プログラムは、ミッションクリティカルなソフトウェアにおける最高レベルの安全性と費用対効果実現に責任を負っています。ソフトウェアのテストおよび検証における開発やメンテナンスのコスト増大の課題解決に際し、NASA IV&VチームはWind River Simicsを採用しました。NASAがどのようにリスクやコストを減らし、品質と開発効率および長期のコスト削減の向上を図ったかをお読みください。


 サクセスストーリー
 プレスリリース
  NASAジェット推進研究所(JPL)

2012年8月6日、NASAは宇宙探検史上最先端の技術を駆使した自律ロボット型宇宙探査機キュリオシティを火星のゲール・クレーターに着陸させました。Wind RiverのVxWorksが、ロケットの発射から「恐怖の7分間」といわれる着陸まで機体をいかに制御したか、また火星に生命が存在したかどうかを調査するための複雑で重要な任務をいかに支援したかをご覧ください。


 ケーススタディ
 ウェブサイト(英文)
  General DynamicsとNASA

セキュアな通信情報システム技術の大手インテグレータ、ジェネラル・ダイナミクス社は、米国航空宇宙局(NASA)のGLAST(ガンマ線広域宇宙望遠鏡衛星)(現名称:フェルミガンマ線宇宙望遠鏡)の設計と建造を担当しました。Wind River Simicsで衛星ハードウェアのシミュレーションを行うことで、同社がコストと時間の面でより効率の高いテスト/トレーニングプラットフォームを実現した事例をご紹介します。


Iridium

 サクセスストーリー(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Iridium Communications Inc.

グローバル携帯衛星通信会社であるイリジウム・コミュニケーションズ社では、軌道に投入された衛星のコンステレーションを行う、新たなソフトウェアの開発とテストが必要でした。同社がWind River Simicsにより、リスク軽減とコスト削減を図り、エンジニアが「テストを行った衛星を打ち上げ、それに対するテストを継続的に行う」ことを可能にしながら、どのようにこの課題に対処したかをご紹介します。


Northrop Grumman

 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Northrop Grumman

ウインドリバーのリアルタイムOSであるVxWorksは、米国海軍の無人戦闘航空機システム空母実証試験(UCAS-D)計画による無人戦闘機X-47Bの主要テクノロジです。VxWorksは、ノースロップ・グラマン社ではUCAS-D計画のソフトウェアプラットフォームに採用され、GE・アビエーション社ではUCAS-Dコンピュータ、ネットワーク、インタフェースエレクトロニクスの根幹であるCommon Core Systemの基盤に採用されました。VxWorksが主コンピューティング環境を提供します。


 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Boeing

Wind River VxWorks 653プラットフォームが、ボーイング787ドリームライナーのCommon Core System(CCS)の基盤を稼働させます。CCSはボーイング787のコンピュータ、ネットワーク、インタフェースエレクトロニクスの根幹で、同機種の主コンピューティング環境を提供します。




 ケーススタディ(英文)
  European Geostationary Navigation Overlay System

ロジカ社によって開発されたEGNOS(European Geostationary Navigation Overlay System)には、セーフティクリティカルなEGNOS Integrity Processing Facility(IPF)の設計課題をクリアするために、ウインドリバーのリアルタイムOS、VxWorksが使用されています。EGNOSのエンジニアが、COTS(commercial-off-the-shelf: 複数の汎用パッケージの組み合わせ)ソフトウェアを使用した段階的手法で開発と安全認証を行い、アプリケーションの書き直しなしに、認証可能なVxWorksに移行できた事例をご紹介します。




 サクセスストーリー(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Ultra Electronics Datel

世界規模の防衛、安全、航空アプリケーション向けシステムを専門にするウルトラ・エレクトロニクス・デイテル社は、既存のアビオニクスシステムをアップグレードして、新たなDO-178BレベルB安全認証要件への適合と、独自ハードウェアから耐環境性のあるCOTSベースのハードウェアソリューションへの移行を図る必要に迫られていました。運用中期のシステムが抱えるこの厳しい課題に対処するために、同社がウインドリバーのVxWorksを採用した理由をご紹介します。




 サクセスストーリー
 ウェブサイト
  サンディア国立研究所

防衛産業に携わるサンディア国立研究所にとって、対環境性に優れた携帯型通信機器の開発という新プロジェクトの着手にあたり、セキュリティと信頼性において妥協は許されませんでした。ウインドリバーのVxWorksプラットフォームおよび各種サービスにより、RTOSの信頼性要件を満たすとともに、開発コストを削減し、市場投入までの時間を2年半短縮することができました。




 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト
  Barco

ベルギーに拠点を置く航空宇宙・防衛企業バルコ社は、航空機のリアルタイム表示ソリューションの開発およびオペレーション用プラットフォームの開発にあたり、VxWorksを採用しました。その理由は、他のベンダと異なり、ウインドリバーがARINC 653やRTCA DO-178Bのような厳しい安全規格やセキュリティ規格に対応できたからです。




 採用事例
 ウェイブサト(英文)
  カナリア大望遠鏡(Gran Telescopio Canarias:GTC)

科学組織と学術組織が共同で進めるカナリア大望遠鏡(Gran Telescopio Canarias:GTC)プロジェクトは、宇宙の最深部にある最も暗い天体の観測を可能にする世界最大の望遠鏡の開発を目的としています。ウインドリバー汎用プラットフォーム、VxWorks版を採用することにより、 オペレーティングシステムのコンフィギュレーション設定や問題解決の時間を短縮を可能にし、高性能・高信頼性のリアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)のアプリケーション開発を容易にします。




 ウェブサイト(英文)
  SpaceX

PayPalの創設者、イーロン・マスクが2002年に設立したスペースX社は、米国の競合他社と比べ格段に低いコストでロケットの開発を行っています。市場導入までの期間を短縮しコストを低減するため、スペースX社では、同社のロケット『ファルコン』のフライトコンピュータにウインドリバーのVxWorksプラットフォームを採用し、ロケットの打ち上げ制御と遠隔管理オペレーションに利用しています。




 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Honeywell

ハネウエル・エアロスペース社は、米国航空宇宙局(NASA)のニューミレニアム計画スペーステクノロジー8(ST8)におけるディペンダブルマルチプロセッサ開発プロジェクトの主契約会社です。このほど同社では、ST8宇宙船上で複雑な科学データを処理する基幹OSとしてWind River Platform for Network Equipment, Linux Editionを採用しました。




 採用事例(英語版)
 ウェブサイト(英文)
  CIRA

イタリア航空宇宙研究センター(CIRA)は、宇宙空間で研究施設として機能する宇宙船の開発に着手しました。CIRAにとって初めてとなるこの無人宇宙船のRTOSとして採用されたのがウインドリバーのVxWorksです。VxWorks は、複雑でミッションクリティカルな機能を実行することで、このプロジェクトに欠かせないきわめて厳格な要件に対応しています。




 ウェブサイト(英文)
 プレスリリース(英文)
 ケーススタディ(英語版)
  BAE Systems

BAEシステムズ社とウインドリバーは、これまで15年近くもの間パートナーとして、航空宇宙・防衛業界を対象に安全で確かな信頼性の高い製品を提供してきました。BAE社が新しい赤外線カメラコアの設計に着手したときも採用したのはやはり、どんなときも確実に機能し、実績の高い市販ソリューションを提供するウインドリバーのVxWorksでした。

BAEシステムズ社は、英国空軍トーネードGR4攻撃機に使用するTornado Advanced Radar Display Information System(TARDIS)向けに、VxWorksを採用しました。ウインドリバープラットフォーム上でTARDISプロジェクトを標準化することで、同社は設計開発を加速し、厳格な安全・セキュリティ要件を満たせる、信頼性が高く、事前にインテグレーション済みの基盤を得ることができました。

赤外線カメラコアSCC500TMシリーズの設計に際しては、どんな状況下でも確実に機能する実績のある市販ソリューションとして、Wind River VxWorksが採用されました。




 採用事例(英語版)
 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  EADS/CASA

新しい軍用機への空中給油を可能にする高度な制御ソフトウェアを開発しようとしたときに、ヨーロピアン・エアロノーティック・ディフェンス・アンド・スペース(EADS)社が注目したのはウインドリバーでした。ウインドリバーのVxWorks RTOSによって、EADS社は、 ARINC 653に準拠した柔軟性とコスト効率に優れた高品質で低リスクの技術を開発することに成功しました。




 採用事例(英語版)
 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Eurocopter

航空宇宙業界のトップ企業の1つであるユーロコプター社は、新しいヘリコプターのコックピットとアビオニクスシステムの開発を行いました。この際、同社のソフトウェア開発プロセスを最適化し、コスト削減を行ううえで中心的役割を果たしたのは、ウインドリバーのVxWorksでした。これによってユーロコプター社は、最先端の製品を期限内に開発するとともに、DO-178BレベルAの安全性認証の取得にも成功しました。




 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  European Space Agency

「私たちがPROBA衛星のOSとしてウインドリバーのVxWorksを選んだのは、その安定性の高さと、宇宙ミッションにおいての信頼性が証明されていることが理由です」と語るのは、PROBAのフライトソフトウェア開発を担当しているスペースベル社のスペースビジネスユニットプログラムマネージャ、Dominique Baudoux氏です。「PROBAは、ほぼ完全に自律制御で操作されているので、宇宙空間で大きな信頼性を保証できる信頼性の高い OS を必要としたのです。PROBAは大成功を収めており、ソフトウェアに大変満足しています。」


 ウェブサイト(英文)
  NASA Jet Propulsion Laboratory

ウインドリバーと米国航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)は、共にパートナーとして長い歴史を歩んできました。火星探査機ローバーにもウインドリバーのVxWorks がRTOSとして搭載されています。信頼性の高いウインドリバーの技術が、これら「地質学者ロボット」による軌道修正、着陸、グランドオペレーション制御、データ収集、地球への通信中継といった複雑でミッションクリティカルな作業をサポートしています。




 プレスリリース(英文)
 ウェブサイト(英文)
  Raytheon

ビジネス・防衛エレクトロニクス機器のリーディングカンパニーの1つ、レイセオン社は、ウインドリバーのVxWorksをベースに広域補強システム(WAAS)を構築しました。定評のあるウインドリバーの製品とサポートを通じて、レイセオン社は、米国連邦航空局(FAA)の要件に対応した高品質でセーフティクリティカルな製品を提供することができました。




 ウェブサイト(英文)
  Smiths Aerospace

スミス・エアロスペースとウインドリバーは、連邦航空局の安全認定を満たす革新的で信頼性の高いオペレーティング・システムを開発するために、長期にわたるパートナー関係を育んできました。ウインドリバーのサポートのおかげで、スミス・エアロスペースは、最新鋭旅客機ボーイング7E7ドリームライナーの共通コアシステムのコスト、サイズ、消費電力を削減するとともに、厳しいセキュリティ・安全基準を満たすことが可能になりました。

Our Solutions

Wind River Aerospace & Defense Solutions
Learn more

Wind River VxWorks 653 Platform
Learn more

Wind River VxWorks Cert Platform
Learn more

Wind River VxWorks MILS Platform
Learn more

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products