インダストリアルデバイス設計の複雑さを解消

インダストリアルデバイスの新世代が登場するたびに、複雑さの管理、データインテリジェンス、およびセキュリティは重要性を増しています。デバイスの開発者は、高速化、効率化、コスト削減という要求と、許容レベルのリスクとのバランスを考える必要があります。しかも、コアコンピタンスを考慮しながらです。

業界をリードする企業は、デバイス上のあらゆる機能を安全に、管理可能に、スケーラブルにするために、ワークロードの統合を図っています。ウインドリバーは、ワークロードの統合、複雑さの管理、スケーラビリティ、セキュリティを実現するオープン標準に基づいて、開発からランタイムまでのEnd-to-Endのプラットフォームを提供しています。

 

 

 

 

ビジネス上の課題

仮想化

仮想化テクノロジは、ローカライズとネットワーク対応の進んだ処理能力を、それが必要とされる場所に提供します。電車の中でも製造業の現場でも発電所でも、ローカルのデータトラフィックは、処理も対応も迅速に行えます。しかも、データはインターネット上の広い範囲でも引き続き利用可能です。仮想化への鍵は、通信やデータ処理といった多数の機能を、インテリジェントな単一のユニットに統合し、コスト削減と複雑さの緩和を図れるかどうかです。

マルチコアテクノロジ

マルチコアは、新たな安全性基準を達成する、短期間で新機能を導入する、そしてコスト削減と省スペースのためにシステムを統合するうえで重要な要素と広く認められています。マルチコアシステムでは、設計者が新機能やデータ処理ルーチンを設計に組み込む際に、リアルタイム性、セキュリティ、通信といった要素が影響を受けません。そのためクリティカルな場面で複雑さ、リスク、デバイス管理のコストが大幅に軽減されます。

リアルタイム

パフォーマンスと信頼性に対する要求は高まる一方であり、その要求に応えるために多くのインダストリアルシステムは、実績のあるディターミニスティックなプラットフォームソリューションを基盤として構築する必要があります。リアルタイムオペレーティングシステムは、ディターミニスティック性が高く、複雑さも緩和される傾向があるため、認証が必要な業種における開発に理想的です。

安全性

安全性基準を満たすためのコストと煩雑さは、からみ合いながら大きくなっていきます。同時に、ツールやプラットフォームの種類も増えてくるので、新しい特性や機能を予定どおりに導入することは、ますます難しくなります。

セキュリティ

セキュリティ上の脆弱性は、相互の関連性が高いシステムのプロバイダにとって、深刻な課題です。技術が進歩するほど、インフラストラクチャは外部からの(そして、ときには内部の)脅威に対して脆弱になり、ときには致命的な結果に至ることさえあります。

ユースケース

コントロール・プロセスオートメーション

プロセス制御とマシンメーカーの環境は、大きな変化の過程にあります。かつては、機能性がイノベーションやコスト効率を推進し、市場投入までの時間を短縮してきましたが、現在は安全性とセキュリティが要件として大きくなり、IEC 61508やそこから派生した標準に基づく安全性要件の達成という圧力も強くなる一方です。

エネルギー

エネルギーグリッドの70%近くは30年以上が経過しており、そのためグリッドインフラストラクチャはストレスを受け、環境に対しても危険になっています。しかし、エネルギーの生成から輸送、流通までの効率化、コスト削減、環境適合、安全対策を推し進める道のりには課題も山積しています。既存のグリッドを改修して近代化する一方、組込型インテリジェンスと通信を強化し柔軟性を高めて将来に適応できるエネルギーグリッドを設計する必要があります。しかも、すべてを妥当なコストで、過度に複雑になることなく行わねばなりません。

輸送

輸送の市場で、確かなことが1つあります。それは、安全性システムの優劣に人の生命がかかっているということです。それ以外の要素は常に流動していると言っていいでしょう。政府の規制はたえず変わっており、多くの安全性基準は国や地域によって、ときには市町村ごとに大きく異なっています。コストに影響する変数もさまざまであり予測は不可能です。

製造業

インダストリアル市場では、マシン、ロボット、その他の形態のMachine-to-Machine(M2M)による制御機器やシステムが長年にわたって使用されてきましたが、新しい展開が新しいチャンスを生み出しています。たとえば製造プラントで仮想化を利用すれば、1台の中核的な機器で、ソフトウェア的に複数のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)を実行することができ、作業現場のセンサーやネットワークでは、リアルタイムのオペレーティングシステムを通じてセキュリティと通信の機能を利用することも可能です。

国内インフラ

コンピュータシステムのクリティカルなネットワークは、グローバル経済の成長を支えるバックボーンであり、一貫した業務と行政サービスの提供にとっても不可欠です。今日の国家安全保障インフラストラクチャが、データ量の増え続けるクリティカルなシステムを運用し制御できるかどうかは、一貫した永続的なフレームワークにかかっています。

ページのトップへ

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products