仮想化ソリューション

Wind River Open Virtualization
製品概要

Wind River Hypervisor
製品概要

Multi-core Network Acceleration
ダウンロード

Enhancing Intelligence in the 'Internet of Things'

組込み仮想化

何年もの間、ITやエンタープライズ分野の仮想化は、コスト削減、柔軟性の向上といったメリットにより、広く利用されてきました。現在、組込みアプリケーションのメーカーが組込み仮想化ソリューションを、インダストリアルオートメーションからネットワーク製品、航空宇宙・防衛アプリケーションまで、多様なアプリケーションに活用しています。

ウインドリバーではお客様のニーズに合わせて、2種類の組込み仮想化ソリューションを提供しています。

Wind River Hypervisor

Wind River Hypervisorは超低レイテンシ、ディターミニズム、マルチコア性能が求められるアプリケーション向けに開発された、Type 1の小さなハイパーバイザです。フットプリント、リアルタイム性能、安全性やセキュリティが重視されるケースで統合を可能にするほか、各種の業界規格の認証取得に対応できます。
詳細はこちら

Wind River Open Virtualization

Wind River Open Virtualizationはオープンソース初の仮想化製品です。業界標準のCOTS(commercial-off-the-shelf:複数の汎用パッケージの組み合わせ)ハードウェア上で超低レイテンシと高スループットで動作し、ハードウェアの統合をサポートします。強化KVMをベースにしたType 2ハイパーバイザで、ネイティブに近いハードウェアパフォーマンスを実現します。
詳細はこちら

組込仮想化とマルチコアCPU

ITとエンタープライズ分野における仮想化はよく知られ、理解も導入も進んでいます。エンタープライズコンピューティングにおけるマルチコアCPUも同程度に浸透していますが、組込仮想化とマルチコアCPUは、達成可能な真のメリットや、IT業界のこれまでの常識とは異なる価値をもたらす一方、デバイスメーカーにとっては破壊的な面を持っています。

組込仮想化によってメーカー各社と開発者は、組込製品に必要なデバイス制御のレベルを維持しつつ、製品特性の柔軟性レベル向上を図り、マルチコア開発の複雑さを軽減することができます。ウインドリバーのお客様は、組込仮想化とマルチコアCPUを活用して大きなメリットを実現しています。

組込仮想化の利点

オンボードデバイスレベルの完全な制御を維持し、設計のリアルタイム要件にも応えながら、組込仮想化のメリットを実現できます。

ウインドリバーは、組込仮想化とマルチコア開発ポートフォリオのグローバルリーダーとして、組込仮想化を導入するための完全なソリューションを提供しています。ウインドリバーが、組込仮想化を利用してこのようなメリットを達成するうえでいかに効果的かをご覧ください。

NFVとSDN

抽象化により、ネットワーク機能をハードウェアから切り離す2つの手法、SDN(Software Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)によって、アプリケーションやハードウェアの統合、スペースの削減、省電力化、運用やサポートの効率化を図ることで、設備投資コストや運用コストを削減できます。

詳細はこちら »

統合

個々の機能を共通ハードウェアに統合することによって、アプリケーションに固有なデバイスの数、サイズ、重量、電力を低減します。
詳細はこちら »

Performance

性能

電力消費の要件を引き下げながらシステムの速度と機能を向上させます。
詳細はこちら »

Seperation

分離(安全性/セキュリティ)

認証済みのアプリケーションを未認証のアプリケーションと分離して、認証レベルを維持しつつ機能を拡張します。
詳細はこちら »

Migration to new platforms

新しいプラットフォームへの移行

既存の機能を拡張し、従来のアプリケーションとスタックを有効活用しながら、新しい機能を導入できます。既存製品に対する投資を保護し、分離されたアプリケーションスタックで、差別化につながる機能を新たに追加します。
詳細はこちら »

ページのトップへ

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products