Get in Touch
  • If you’re interested in a Wind River product, simply answer a few questions and we’ll get in touch right away.
  • If you’d like to speak with someone immediately, call our number for sales inquiries below.

    Toll-free: 800-545-WIND (800-545-9463)

実環境と仮想環境の橋渡し


投稿者:Gareth Noyes, 2015/2/26

今週、ドイツで開催された「Embedded World」で基調講演を行う機会がありました。モノのインターネット(IoT)にシステムレベルで取り組むアプローチが、実環境と仮想環境の相違を橋渡しするのにどのように役立つかについて、理解を深めるよい機会になりました。これはエッジとエンタープライズ、あるいは組込みデバイス/センサーとクラウドとの橋渡しと言い換えてもいいでしょう。

物理的な環境を構成している組込みデバイスの特徴を挙げるとすると、固定された機能、ハードリアルタイム性能、レイテンシの保証、ディターミニズム、場合によってはネットワークに接続されるが、IPアドレスで指定できるとは限らない、といったことが思い浮かびます。これがIoTの出現により一変しました。いまやコネクティビティは必須です。デプロイやインテグレーションは絶えず行われ、マシンデータは内部に閉じ込めるのではなく、外に解き放つ必要があります。従来の開発手法は、システムレベルの実装には十分ではありません。

このような状況の変化は、ウインドリバーに大きなビジネスチャンスをもたらしました。デバイス、システム、ネットワーク向けソフトウェア基盤の提供で貢献してきた30年以上の実績を生かし、業界やお客様によるIoTの加速を支援できます。

ウインドリバーのお客様にとって、IoTの必要性を後押しする最大のビジネスメリットは、最適化と変革です。最適化の面では、既存の資産や投資の価値の最大化、新たな効率性の導入、運用コストや設備投資コストにおけるプラスの変化が求められています。変革の面では、新たな収益源の確保、新しいビジネスモデルへの移行、IoTがもたらす新たなデータソースの有効活用が期待されています。

テクノロジの観点からは、実環境と仮想環境を橋渡しして、IoTを加速し、お客様のビジネスの最適化や変革を支援するには、エンド・ツー・エンドなアプローチが必要です。下図に、エッジからエンタープライズにまたがる、IoTソリューションに不可欠な基本要素を示します。

その実現のために、昨日ウインドリバーは、包括的なWind River Helix製品ポートフォリオの拡充を発表しました。OS環境やIoTソフトウェアプラットフォームに、クラウドでのアプリケーション/データサービスが追加されます。ウインドリバーのエンド・ツー・エンドなテクノロジ製品が、エッジでのインテリジェントデバイスのセキュア化や運用管理から、ゲートウェイ、ネットワーク、クラウドとの連携まで、IoTの進展に対応できるようになります。

具体的には、エッジにおける安全でセキュアなOS、リアルタイム仮想化、コネクティビティ用エージェント、ネットワークにおける定評のあるインフラプラットフォーム、オーケストレーション、ネットワークサービス、クラウドにおけるエッジ管理とAPI管理を提供します。

IoTがどのように既存のプロセスを効率化し、将来のビジネスを完全に改革して、変革を推進していくか、その展開に個人的に非常に期待しています。また、このようなIoTの進展を推進、実現するウインドリバーのビジネスチャンスにも胸が躍ります。ウインドリバーの創業者ジェリー・フィドラーは、会社の草創期、IoTの名称が生まれるはるか以前に、こう言いました。「数千億個ものスマートデバイスが接続された『つながれた世界』の構築は、いまだ始まってもいない。これはウインドリバーにとって壮大なチャンスであり、我々がそれを先導するだろう」

次のブログ記事では、コンピューティングとネットワークビューの統合について取り上げる予定です。どうぞお楽しみに。

Thank You

Wind River, a wholly owned subsidiary of Intel Corporation (NASDAQ: INTC), is a world leader in embedded and mobile software. Wind River has been pioneering computing inside embedded devices since 1981 and its technology is found in more than 500 million products